株で夢中になって、貯金を使い果たした

投資を始めたばかりの初心者の頃の話ですが、株価低迷を受けて、これはチャンスだと思い、積極的に株に投資していた時期がありました。自分の中では、あらかじめ限度額を設定していたのですが、株に夢中になっていたことで、当初設定していた購入限度額を大幅に超えていたことが発覚し、びっくりしたと同時に思いっきり冷や汗が出てきました。

株価が下落傾向にもあるにもかかわらず、何とかして、プラス収支で終えようと思い、積極的に購入しました。なんとか損はしないように、チャートを注視していた時は、ドキドキものでした。購入した株が下落するたびに冷や汗が出てきました。しかし、どんどん投資額は膨らみ、生活費として残しておきたかったお金まで投資金として使う始末。ついに生活のお金が厳しくなりネットで今すぐお金を借りれる方法を調べて近くの店舗までお金を借りに行きました。

しかし、その後株価が変動して購入した株を売却し、最終的にはプラス収支で終えたので、損害には至らず、ほっとしましたが、限度額を超えて取引した際の、損失を考えると、取引中とても怖かったですね。自分の行為をとても後悔しました。借りたお金は無利息期間の間に返済し利息も取られませんでした。

株を取引する際には、限度額を設定したほうがいいと思います。際限なく取引をすると、思いっきり下落した際に、いつの間にか取り返しのつかない損失が生じる恐れがありますので。FXなど高いレバレッジをつけて取引する金融商品も多いですが、損失の点も考慮の上で、くれぐれも十分な判断をしたうえで取引したほうがよいと思います。

お金を借りた時に参考になりました:今すぐお金借りるなら!お金を借りるおすすめの即日融資

カテゴリー: 未分類   パーマリンク