少額の借り入れならノーローンがおすすめ

私が初めてカードローンを利用した金額は5万円でした。どうしても給料日前にお金が無くなったので、5万円借りることに決めました。次の給料で一括で返済する予定だったので、無利息サービスのある消費者金融から選ぶことにしました。テレビのCMで散々やっているので何となくは無利息サービスのことは知っていましたが、画面に一瞬出るだけなのでよくは分かりません。そこでネットで調べてみたのです。

すると無利息サービスは消費者金融が30日間で、レイクのみが180日間5万円まで無利息サービスも選択できることが分かりました。そして大手では、モビットだけが無利息サービスがないので除外しました。しかし無利息サービスが適用されるのは初回のみということが分かり、がっかりしました。

しかしよくよく調べてみると、シンキのノーローンは一週間無利息サービスが完済すれば何度でも利用できることが分かりました。最近給料日前にちょっとお金が足りなくなる私にはピッタリの無利息サービスなので、ノーローンで契約することに決めました。ノーローンは全然聞いたことない会社ですが、新生銀行グループの一員ということで安心です。ネットで平日に申し込み、審査通過後仕事帰りにレイクの自動契約機でカードを受け取り、その日のうちに5万円借りられました。ノーローンなら1週間以内に全額返済すればまた来月無利息サービスが利用できます。私のように給料日前に少額借り入れたい方には、ノーローンがオススメです。

カテゴリー: 未分類 | 少額の借り入れならノーローンがおすすめ はコメントを受け付けていません。

悩んだ結果、イオンの株主優待を取得!

img-benefit03
前から「毎週のように買物に行くから持ってたら得かな?」と思っていたイオンの株主優待。権利月が2月と8月なので、ちょうど先月が権利取得月でした。

1月くらいから「どうしようかな~」って悩んでいるうちに、株価が徐々に上がってしまい、気が付けば1700円台に。
過去のチャートを見ても1700円台は高値圏なのでやめようかと思ったのですが、半年に一度のキャッシュバック(100株なので3%ですけど)は魅力だし、
株主が使えるイオンラウンジも気になるので買ってしまいました。

考えてみたら配当もあるし、飲食店の割引なんかも付帯するので、権利取得後に多少値下がりしても損はしないです。

それに家族で出掛けたときに使えるので、株を買っても嫁に嫌な顔をされないのもメリットですね(笑)オートバックスの株を買ったときなんか露骨に嫌な顔をされましたから。

半年でどれくらいキャッシュバックされるかを計算してみたのですが、
ウチの場合は毎月5万円くらいイオンで買い物をするので、30万円の3%で9000円くらい戻る計算です。金額とすればわずかですが、そのお金で外食でもできればと楽しみにしています。

カテゴリー: 未分類 | 悩んだ結果、イオンの株主優待を取得! はコメントを受け付けていません。

松井証券とSBI証券、初心者に使いやすいのはどっち?

vs株を買うときに使う証券会社は正直どこを使えばいいのか迷うところ。

比べるポイントとしては手数料の安さやサービス面などが挙げられますが、実際のところ人気のネット証券会社ならそれほど大きな差がなく、どこを使えばお得なのか分かりづらい実情です。
そこで今回はネット証券の中でも特に人気がある、松井証券とSBI証券を比較してみます。

まず松井証券ですが、一番の特徴はボックストレードと呼ばれる手数料の仕組み。
わかりやすく言えば1日の約定金額に応じた定額制手数料なのですが、10万円を超えない場合は手数料が0円となっているのが特徴。
松井証券を紹介する多くの記事がこの点についてアピールしており、他社には見られない個性的なサービスのひとつと言えます。

ただし、約定金額が増えたときの手数料は決して安いとは言えないので、
購入する銘柄の取得金額に応じて使い分ける必要があると思います。

サービス面では分析に必要な情報ツールが無料で提供されており、条件付きで無料となる証券会社が多い中で好感が持てます。

次にSBI証券ですが、こちらはとにかく商品やサービスが豊富で「さずが人気証券」と思わせる部分が多々あります。
特徴的なのは手数料がダントツに安いとか、なんでも無料で使えるというような絶対的なお得感はないのですが、それぞれの商品が高水準なレベルで提供されているため、ユーザーの満足度が高いと想像できます。

実際に私もメインで使うのはSBI証券が殆どなのですが、手数料が少し掛かっても注文方法が多彩であることや、少し取引があればツールが無料で使えるメリットに負けてつい使ってしまいます。

ある程度長期で保有するなら、貸株設定をしておくだけで金利が受け取れるのも大きな魅力です。貸株で金利がもらえる仕組みは他社にもあるのですが、SBI証券の場合は対象銘柄が豊富で、幅広い銘柄で金利を受け取ることができます。

 

参考になったサイト

SBI証券で株をはじめるメリットと口コミ
SBI証券実際をに利用してみたからこそ分かるリアルな口コミなので参考になります。他社との比較も多く分かりやすいです。

カテゴリー: 未分類 | 松井証券とSBI証券、初心者に使いやすいのはどっち? はコメントを受け付けていません。